古いヴィトンはいくら

昔買ったヴィトン。
使わなくなったけど、売れる?

「モノグラムのヌメ革が変色しているし、いかにも古そう・・・
たぶん、売れないだろうなぁ」
と、諦め半分でブランディアで査定してみました。

その結果・・・
なんと、想像以上に高く売れたので私の体験談を紹介します!

10年以上前に買ったヴィトンの値段は?

1万円で売れた

私が査定に出したのは、『ポパンクール・オ』。
正面から見ると正方形、横から見ると三角形と言うフォルムに惚れて、衝動買いした初ヴィトンです!
見た目以上に収納力が高く、季節を問わず大活躍していました!

でも、ここ数年は他にお気に入りができてしまい、使わなくなって来たんですよね。
買った当時、10万円くらいしたので捨てるのはもったいない・・・

そこで、CMで見たブランディアに査定に出すことにしました!

古いバッグだし、もう廃盤品。
「5,000円くらいになったらラッキーかな~」
と、想像していましたが、なんと、1万円での買取でした!

これはもう、売るしかないでしょ!!

>>ブランディアは送料・手数料完全無料

古いヴィトンの買い取り相場は?

買取相場はいくら

私のバッグもそうでしたが、だいたい定価の1/10の値段で買い取られているようです。

破れやベタつきなどの破損が大きければ査定額は低くなり、保存状態が良いほどに査定額は高くなります。

  • バッグとしての機能に問題がない
  • 切れ込みや割れがない
  • 本体の変色がない

以上の3つの条件を満たしていれば、定価の1/10が買取相場と考えられます。

1万円で買い取られた理由

正直、私の売ったポパンクール・オは、状態がすごく良いとは言えませんでした。

角が擦れて黒ずんでいたし、本体のプリントも少しハゲて来ていたし、押し入れに入れっぱなしだったので臭いもあるように感じました。

これらは査定時にマイナスに働く要因です。
でも、1万円になりました。
それには理由があります。

実は、人気の高いシリーズは査定額も高くなります。
ポパンクール・オも、廃盤になった後も人気の高いバッグで、今でも時々持っている方を見かけます。
見ると「やっぱり可愛いなぁ」と思うので、人気があったことも査定額に影響していたのだと思います。

付属品がなくても大丈夫?

ポーチや錠、タッセルなどの装飾品関係が無いと、査定額は下がります。

しかし、保管用の布袋や箱、紙袋などは必要ありません。

ヴィトンの正規店で購入したことの証明として、取扱説明書やレシート等があった方が良いと思う方もいるようですが、ブランディアの鑑定士には本物を見極める目があるため、査定依頼者が本物である証明をする必要はありません。

古すぎて型の名前がわからなくても大丈夫

ヴィトンは定番商品の他に、限定品が毎年発売されているため、あまり知られていないシリーズも多いです。

古い物だと、廃盤になってしまっている場合も多いです。

それでも、査定は受けられます!
偽物でない限り、買取もできます!

リサイクルショップ等の店頭で査定を受けると、査定員は1人か2人しかいませんよね。
でも、ブランディアの宅配買取なら、ベテランの鑑定士が常駐しているため、古いヴィトンの知識も豊富です。
だから、的確な査定額を出してもらえます!

プレゼントやお古、リサイクルショップやオークション等で購入したヴィトンでも、何でも鑑定できますよ。

ヴィトン買取の流れ

ブランディア買取の流れ
  1. ブランディアに査定申し込み
  2. 箱や買取依頼書が届く
  3. 買取依頼書と身分証明書を用意
  4. 商品と書類を箱に入れて送り返す
  5. 査定額がメールで届く
  6. 了承すると、入金される

この流れで手数料は一切かかりません!
箱代・往復の送料・査定手数料・振込手数料のすべてが無料!

しかも、万が一査定額に納得できない場合、キャンセル料無料!
商品の返送料無料!

つまり、ブランディアにお金を請求されることはないのです!

使わないけど捨てられずにいるヴィトンがある方は、ぜひ、一度査定に出してみましょう!
※インターネットを使って申し込み等をするため、通信料のみ自己負担になります。

>>ブランディアはキャンセル料も無料

オークションに出すのとどちらが高い?

どちらが高い

高く売りたい人は、ブランディアで買い取ってもらうのと、自分でオークションやフリマアプリで売るのではどちらが高く売れるか気になりますよね。

実は、オークションやフリマアプリの方が、取引相場が高いです。
ブランディアも買い取ったブランド品をオークション等で転売し、その差額で利益を出しているためです。

ただし、個人でブランド品を出品するのにはリスクがあります。

特にヴィトンは偽物も多く出回っているので、オークションやフリマアプリの運営側も取り締まりきれません。

また、強引な値引きを強要したり、落札後にキャンセルクレーム返品などをするマナーが悪い利用者もいます。

出品料がかかるので、思ったより高く売れなかったと感じる場合もあります。

何より、出品から商品の発送まで自分で行わなければならないため、時間と手間がかかります。

もし、面倒なことが嫌いだったり、人とのトラブル対応が怖いと思うなら、オークションやフリマアプリでブランド品を出品するのはやめておきましょう。

高く売れる可能性がある一方で、嫌な思いをするリスクが多いことを忘れないでください。